交通系・航空系クレジットカードの審査

銀行系の次に審査が厳しめと言われているのが、交通系・航空系のクレジットカードです。交通系はSuicaやPASMOといった交通系電子マネーと一体になっていることも多く、チャージにも向いています。電車への乗車で、ポイントがたまるクレジットカードもあります。

航空系はショッピングだけでなく、フライトでもマイルがたまるようなクレジットカードです。 クレジットカードは年会費により、審査難易度が異なる傾向があります。年会費無料だと審査が甘く、年会費が高くなるにつれ審査が厳しくなるのです。交通系や航空系は、年会費有料のクレジットカードが多くなっています。この点から見ても、審査がやや厳しいことがうかがえます。

 しかし交通系や航空系でも、安定した収入があり、優良なクレヒスがあれば審査通過は可能です。一部の富裕層向けということはありませんので、パートやアルバイトでも発行できます。

 交通系と一緒にしがちなのがガソリン系のクレジットカードですが、こちらはドライバー向けとなり交通系とは異なります。ガソリンスタンドで燃料価格が安くなるなどのサービスがあり、どちらかというと流通系に近いでしょう。交通系よりガソリン系の方が審査通過はしやすいようです。